高卒就職の学校推薦について

高卒で就職をしようと、いろいろなチャンスや就職情報を活用して就職活動したとしても、11月でまだ就職先が未定であることもあります。焦る事なく本当にやりたい仕事をよく考えて企業の選択をするようにしましょう。一度きりしかないのが高卒時の就職というものです。今一度自分の適正を見つめ直し、焦って決めるのではなく自己分析を行う事がこれからの就職活動には重要なのではないでしょうか。
学校推薦という就職方法も、高卒の就職の場合にはありますので考えてみると良いでしょう。学校推薦による就職先の求人票は高校側で企業から受け付けているでしょう。希望の企業に、高卒者を対象とした求人票の中から就職登録をすると、就職試験を高校内の推薦参考会で選ばれた場合のみ受けることができるようになります。推薦参考会であなたが選ばれると、高校から調査書と校長の推薦状をもらえます。注意しなければならないのは、これは内定ではなくあくまでも、就職試験のチャンスに過ぎないということです。数社の就職試験を受けて、もし内定がもらえなかったとしても、もし受かっていても後悔していたかもしれないし、自分には縁が無かったんだと思う位の前向きで、余裕を持った気持ちで就職活動をしていきましょう。
高校を卒業した後に、この就職活動の経験による前向きな気持が明るい社会人生活の基本となるでしょう。この就職活動のときの前向きな気持ちを、会社に就職した後も忘れずに頑張りましょう。一歩一歩を大切に、立派な社会人として歩いて行っていただきたいと思います。
| 就職

高卒の就職活動について

企業が高卒の求人募集をしているときには、積極的に情報を得るようにしましょう。自分が就職をしたい企業の取扱商品、販売成績、従業員数、支店数、将来の見通し等について調べるときは、企業に関する参考資料、もしくはインターネットを活用すると良いでしょう。自分自身で高卒の就職を選択したとしたら、現実的にどんなことをしていけば良いのでしょうか。
第一にすることは、周囲の人に相談することです。高卒就職を決めた場合は、能力が発揮出来る職種や企業であるかどうか、自分の適性の有無、自分が何がしたいのかということをしっかりと考えなければなりません。そのようなことを家族、先生、先輩等に話をして助言してもらいましょう。さらに進路指導室というものも高校にはありますので、有効活用すると良いでしょう。学校の先輩が入社したときの資料が保管されているはずです。企業の一覧表や受験報告書、企業見学報告書、就職のしおりなどです。
高卒の場合の勤務時間、仕事内容、給与、通勤時間、社会保険、福利厚生等の求人条件は、とくに注意して見ることが大切です。自分の興味のある企業に就職をしている知り合いがいるなら直接会ってみて話を聞いたりアドバイスしてもらうのも良いかもしれません。いろいろと気になる企業が、就職活動中には見つかりますが、企業の名前や事業規模、給与だけにこだわってはいけません。初めて高校を卒業して就職する企業ですから、自分が納得出来る所に就職できるように十分に考えてがんばりましょう。
| 就職

就職試験の注意点

就職試験はどのようなことに気をつけて受験するべきでしょうか。最初に就職試験のための問題集を買うときに注意することはどんなことでしょうか。毎年少しずつ変化しているのが、就職の筆記試験は出題傾向です。古い就職試験本を、先輩から譲り受けたりして使っている人もいますが、できるだけ新しい就職試験本を使うほうが良い結果を出せるでしょう。また購入する前には必ず、発行日の新しい本を選ぶことが大切です。表紙カバーだけを最新の物に変えて、中身は古いままといった就職試験の対策本も出版社によってはあるからです。
面接試験は、もちろん就職試験の中で最も大切だとされています。面接や性格適性検査では、ありのままの自分も大切ですが、自分に厳しい判断をしたり、あまり正直に答えるとマイナス評価につながりやすいので、理想の自分像を描いて受けてみるのも良いでしょう。必ず慣れておいたほうが良いのが性格適性検査です。企業がエントリー時の絞込み対策としても行っているからです。性格適性検査をWeb版で自宅で受験する場合には、パソコンの環境を整える事も大切なポイントです。
テストが実施される前には設定方法の説明等が必ずあります。落ち着いて準備しましょう。就職試験を実際に企業に訪問して受ける場合には、筆記用具、計算用紙、電卓や時計等を準備してしっかりと集中して頑張りましょう。規模の大きい就職試験の会場で試験を受ける場合には、受験者全てが同じ問題とは限らないので、回りの動きに惑わされず、自分のペースで試験に臨むことも大切です。
| 就職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。